アナンダ エコヨガ
スワミ・チェータン師
アナンダ エコヨガ home yogamat yogaCD fashon yogaworkshop swami chetan ブログ リンク 問合せ

スワミ・チェータン先生は、インドヒマラヤで活動するカルマヨギーです。
僧侶であり、ヨガの指導者でもあるチェータン先生は、1995年からヒマラヤに在住、「教育によって貧困を絶つ」という理念を実践し、 ヒマラヤ巡礼の玄関口ウッタルカシ近くにあるガンゴリ村にて、9年に渡って、学校の運営を続けてきました。
2005年より、尊敬するヴィヴェーカナンダ師にちなんで名づけられた 「スワミ・ヴィヴェーカナンダ基金ウッタルカシ」を設立、 これを拠点に慈善団体として新たに活動を開始されました。
2007年4月からは、ガンゴリ村にほど近いガネシュプール村に、新しくスワミ・ヴィヴェーカナンダ・スクールを開校し、 ヒマラヤの子供たちにさらに高度な教育を授け、この変化の激しい時代の中で、若者たちに、自分を見失わず、 文化と伝統を守って強く生きていく力を持てるようにと、活動しています。
2005年秋の学校の様子
上の写真は、2005年秋のガンゴーリ村の学校の様子です。小さいながら、制服をきた子供たちが、一生懸命勉強しています。 どの子も明るい笑顔でした。
2006年秋から、学校の新設に向けて、校舎の建設が始まりました。
ほとんど機械を使わない手作業の建設作業です。半年をかけて、8教室のうち4教室だけが完成し、2007年4月から、小規模ながらも授業を開始しました。

その後、残り4教室と職員室、コンピュータールーム、会議室も順調に完成し、2009年12月現在、約180人の子供たちが毎日元気に学んでいます。

一生懸命、また楽しそうに勉強する子供たち。


立派な校舎が建ちました!
アシュラム部分にはお寺もあります。


スクールバスも、一台だけあります。
近い子は歩いて、遠い子はバスで登校します。


朝礼では校歌や国歌を歌います。マントラやバガバットギーターのチャンティングもあります。


小さい子たちも真面目な顔で並びます。みんなお揃いの制服です。


お昼休みにはみんなで廊下に座ってお弁当を食べます。


校庭に座って日向で授業もあります。


図画工作の時間。みんなで絞り染めをしました。
この先生は学校に美術の時間を作ってくれました。材料も自前で準備して・・・。
学校は、こんなやる気のある先生たちにも支えられています。


スワミジが直接子供たちに教えることもあります。
運動会や学芸会もあり、学校はいつもエネルギーでいっぱい。


大きなカバンを持って、下校する子供たち。


学校に併設するアシュラム部分。お坊さんたちが住んでおられます。
小さいけれどとっても居心地のいい空間です。


学校には、毎年日本からグループが訪れて子供たちと交流しています。
2008年の交流


2009年春の交流


2009年秋の交流


2012年、2013年にはヒマラヤ地方で大きな洪水が続き、道路が流されたり、ガンジス川の流れが河岸を削り、学校の敷地から数メートルのところまで川が到達するところでした。
洪水から2年経ち、政府との交渉を続けて学校前の護岸工事を完成することができ、学校を続けることができるようになりました!



ヒマラヤの豊かな自然の中、のどかな土地ですが、経済発展に伴う人の移動に加えこのところの聖地ブームもあり、急激な観光開発が行われています。このような変化が村の人たちの素朴な生活に今後どんな影響を及ぼすでしょうか。このような変化の時代にこそ、教育の必要性が一層高まっていると感じています。

※学校についてのお問合せはANANDAまで

エコヨガマット ヨガ音楽CD ショール パンジャビ&クルティ セール
特別商取引法に基づく表記
お支払、配送方法について
個人情報保護方針
FAQ
お問合
copyright (C) 2007 ANANDA ecoyoga All right reserved.